RISINGPRODUCTION

TOP ARTIST
BLOG STORE
BOOKS FAN CLUB MEDIA OPEN CAST LINK Rising Studio EVENT RELEASE
NEWS&INFORMATION
国仲涼子
Update:2012/09/13

国仲涼子:平成25年新春ワイド時代劇「白虎隊〜敗れざる者たち」出演決定!

国仲涼子が1月2日放送のテレビ東京系新春ワイド時代劇「白虎隊〜敗れざる者たち」に西郷眉寿子役で出演することが決定しました。
放送をお楽しみに!!

コメント:
このような大作に出演させて頂き、大変光栄に思います。
実際の存在していた方を演じさせて頂くので、プレッシャーもありますが楽しみながら演じることができたらと思います。
家族の信頼関係や愛や、泣きが有りながらもユニークなシーンもあるので色々な方に見て頂けたらと思います。
共演者の方も初めての方が多いので、色々勉強させて頂けたらと思います。

〜ストーリー〜
物語は、会津藩主・松平容保が京都守護職を拝命し、悲劇の幕が開ける1862年から、戊辰戦争を経て会津の地に再び春の予感がし始める1868年頃までの、激動の約7年間を描く。

幕末の会津。会津藩家老・西郷頼母(さいごうたのも・北大路欣也)は、妻・千重子(黒木瞳)や妹の眉寿子(国仲涼子)ら家族と質素ながらも仲睦まじく暮らし、家老職の一方で藩校「日新館」の指導者としても少年たちの鍛錬に尽力していた。
しかし文久2年(1862年)、会津藩主・松平容保(伊藤英明)が京都守護職に任ぜられたことで状況は一変する。当時、江戸幕府の威信が低下する中、京都には尊王攘夷派の過激浪人らが集い、治安は悪化の一途をたどっていた。そんな中で幕府は京都守護職を新設し、会津藩の優れた武勇で不逞浪人を一掃しようとしたのだった。
会津藩の切迫した財政を知る頼母は、京都守護職を返上するよう強固に主張する。江戸屋敷まで出向き藩主・松平容保に直訴するが、義に厚い容保は聞き入れず、病弱の身をおして京へ向かうのだった。
京都守護職は新撰組を配下に置き、攘夷派を厳しく取り締まったが、それは薩摩や長州の激しい憎悪をかうことを意味していた。会津藩は否応なく、混乱する政局の中心に巻き込まれて行くのだった…。

テレビ東京系新春ワイド時代劇「白虎隊〜敗れざる者たち」
1月2日夕方5時から一挙7時間放送!

 

RELEASE
w-inds. 「Time Has Gone」
w-inds.
「Time Has Gone」
2017.9.27
more
Lead 「Beautiful Day」
Lead
「Beautiful Day」
2017.8.23
more
三浦大知 「U」
三浦大知
「U」
2017.8.2
more
フェアリーズ 「恋のロードショー」
フェアリーズ
「恋のロードショー」
2017.7.5
more
BuZZ 「LEAN ON ME」
BuZZ
「LEAN ON ME」
2017.6.21
more
ふわふわ 「チアリーダー / 恋花火」
ふわふわ
「チアリーダー / 恋花火」
2017.6.14
more
MOBILE
© RISINGPRODUCTION All Rights Reserved.